HOME>イチオシ情報>他人任せにせず一人一人がきちんと分別のルールを覚える

さいたま市の一般廃棄物のルール

リサイクルできるものを分別したあと、残ったものを燃えるゴミと燃えないゴミに分別します。収集所で回収してくれるものと、直接持って行ったり収集を依頼したりするものがあるので、詳細は市のホームページで確認しましょう。

一般廃棄物の種類

  • 洗えばリサイクルできる食料品のビン
  • 燃えないゴミと分けられる食料品のカン
  • PETマークの付いたペットボトル
  • プラマークのついている食品包装プラスチック
  • もえないごみはリサイクルの難しいビンやカン
  • 生ごみやプラスチックなどの燃えるゴミ
  • 90cm以上の大きなゴミは粗大ゴミ
  • 種類ごとでたたんで縛る新聞や段ボール
  • 30cm×15cmにおさまる小型家電製品
  • 別途収集を依頼する必要がある一時多量のゴミ

軽トラックほどの量でも対処できる

ごみ

施設内にある不用品の量が多すぎて自分たちで持ち運ぶのが困難時に、さいたま市の企業を頼ると軽トラックほどある一般廃棄物でも持ち運んでくれます。軽トラック1台分でも価格が安いために気楽に処分を依頼しやすくて、補償が充実しているのでトラブルを心配せずに済むのも利点です。損害賠償保険に加入している企業か調べておくことが理想的で、保険を利用できる企業なら部屋の中に傷がつくようなトラブルが起きても丁寧に対応してもらえます。

見積もりにかかる時間に差が出る

ゴミ箱

大量の廃棄物を急いで処理する必要があるのなら、さいたま市で一般廃棄物を回収している企業を頼ることで、見積もりにかかる時間を短縮してください。企業によっては見積もりに多くの時間を使うことになり、一般廃棄物の回収作業が始まる予定時間も遅れてしまう可能性もあります。さいたま市の企業なら専門的な知識を持つスタッフが見積もりを行うので、正確な費用が分かりやすいところも好評な点で、急いでいる人にとって理想的なサービスです。

誠実な対応で好評

女性

廃棄物の分別にかかる作業が面倒に感じる時に、さいたま市の企業に一般廃棄物を任せるとスタッフが手厚くサポートしてくれて、分別などの作業の負担を大幅に軽減できます。ストレスを感じずに一般廃棄物を処理できると評価されており、ルールを守りながら不用品を処理することが可能です。

広告募集中